美しい言葉 | 名言・格言bot

カウンター

条例制定トレーニング

1.自分の自治体の条例の目次をすべてダンロードして、ワードなどに貼る。

  体系別目次があれば関係する部分で良い。

2.自分の課に関係ない条例を削除する。

3.残った条例を、政策(大)・施策(中)・事務事業(小)に分ける。

4.課が行う事業について先進的な取組みを行っている市町村の条例の目次を、同様にダウンロード

  人口規模や環境がかけ離れた先進地は参考にならないので、同様の自治体の条例を持ってくること

5.下表のように仕分ける。


当町 先進町A 先進町B 先進町C
政策

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

施策

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

事務事業

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

・_____

・_____

・_____

 

6.すると、うちにはないけど他にはある条例が見えてくるので、その中からあった方が良いと思う条例を選ぶ。(自分がつくってみたいと思う条例でも良い。)

7.条例を選んだら、その条例のキーワードを2、3選んで検索する。

  「条例 重度 医療費」検索みたいな~

8.検索結果がでてくる。これはヒットの多い順にでてくるはず。

  ということは、検索で上にくるものは「良い条例」か「悪い条例」のどちらかということ。

9.条例を見分ける。具体的には、第1条と実行条例のうち長い条文のものを見て、「御作法」により確認する。

  このとき、良い条例だとしても、(目的)の「手段としての目的」が違うものは省くこと。(手段としての目的が罰則で縛るものか、報償を与えるものかで条例の内容が変わるので)

10.3つくらい選んだら、いろんな観点から評価する。


条例案A 条例案B 条例案C
評価項目1 8点 5点 7点
評価項目2 7点 9点 3点