美しい言葉 | 名言・格言bot

カウンター

ワークショップ(書きかけです)

あらゆる問題を解決してくれる魔法の手段

ワークショップってなんじゃらホイ?

 

ワークショップとは、(問題となってる)あるテーマについて参加者1人1人が「主体的に」考えたり、意見交換したり、体験したりしながら、心と体と頭で学ぶ「参加型体験学習」のことです。

 

講義形式の学習と比べて、お互いに意見交換をする中で「気づき」や「学び」があるので、参加後に何か問題解決にあたろうとするとき、内からくるヤル気(モチベーション)を得られやすいのです。

 

ワークショップの手法(これをファシリテーションという)を学ぶことで、仕事でもプライベートでも、身の回りのあらゆる問題を、それに関わるみんなで解決することができるようになります。

どうやってはじめるの?

 

ワークショップはあくまで「手段」でしかありません。

ワークショップを行うには、行おうとする側が明確な

・問題意識(どこに問題があるのか?何を解決したいのか?)

・対象(どのような人たちに参加してほしいのか?)

・テーマ(どのような分野のことなのか?)

を持っていないといけません。

 

逆にこれがハッキリしていれば、ワークショップを成功させるのはそう難しくありません。