美しい言葉 | 名言・格言bot

カウンター

ヤル気の出る話

読んだらヤル気になれるようなチョットイイハナシ。

投稿お待ちしております。

コメント: 4
  • #4

    MSN産経ニュースより (月曜日, 05 12月 2011 13:10)

    「公務員、恵まれている認識ない」「成果主義は問題」 大阪府議会で参考人が職員基本条例案の賛否
    2011.12.5 12:26

    地域政党「大阪維新の会」が提案した「職員基本条例案」について意見を述べた元経済産業省官僚の古賀茂明氏(右)と太田肇同志社大教授(組織論)=5日午前10時半、大阪府庁(平田雄介撮影)

     大阪府議会は5日、地域政党「大阪維新の会」の府議団が9月議会に提案した「職員基本条例案」をめぐり、元経済産業省官僚の古賀茂明氏と、太田肇同志社大教授(組織論)を参考人として総務常任委員会に招致。古賀氏が賛成の立場で、太田氏が反対の立場でそれぞれ意見陳述した。維新幹事長の松井一郎府知事は知事提案として同条例案を提案し直す方針で内容の修正に影響を与えそうだ。

     同条例案は、府職員の分限免職の基準を明確化し、組織改廃に伴う余剰職員を分限免職できる規定を盛り込んだのが特徴だ。

     古賀氏は「年功序列を改め、業績を重視する公務員制度に改革しなければ、府財政は破綻する」と指摘。府職員の現在の待遇について「いまや失業が当たり前になった民間よりはるかに良い。公務員は絶対に首にならず、給料は上がっていく」と述べた。

     さらに「恵まれているという認識すらない公務員の文化を変えていくには、幹部職員の公募は必要不可欠」と持論を展開した。

     太田氏は冒頭、「職員の処分規定に疑問がある」と表明。「公務員は民間と比べて目に見える成果を上げにくい。成果主義を導入すれば職員が上司の顔色を気にするようになり、意欲の低下を招く」と指摘した。

     仕事のやる気は「達成度や認められるかどうかでもたらされる」として、「給料や人事制度は、職員が不満や不公平感を持たないよう、納得しやすい制度にする方が大事だ」と述べた。

  • #3

    走る営業公務員、奮闘記!! (月曜日, 11 7月 2011 12:48)

    コピペがよだきぃアナタへ。
    ↑をクリック!

  • #2

    yarukiswitch (月曜日, 11 7月 2011 12:47)

    受け売りですが

    やる気が出ない君へ
    http://blog.goo.ne.jp/tomtake0726/e/fdd71eb96ad941b03ca4e2445a9f013e
    走る営業公務員、奮闘記!!

    へのリンクです。
    ぜひ読んでみてください。

  • #1

    隊長 (金曜日, 17 6月 2011 05:21)

    今日から産経新聞のネット購読を始めました。

    ヤル気になってきたでしょう?

    ちなみに、最新記事が見れる東京版で月額たったの315円です。